屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

GPS搭載腕時計を子供に付けたいが私にはやめてね。

今筆者の周り(といっても2、3人なのだが)ではGPS搭載の腕時計は何がいいかという議論が盛んに行われている。

というのも以前記事で書いたように空前のマラソンブームが席巻しているからである。まぁブームといってもこれもわずか数人だ。

 

筆者は職場のマラソン部に入って早数ヶ月、しかしまだまだ走りの気持ちよさが理解できない。筋トレの方が目に見えて成果がわかるから楽しくもある。

しかし夏の間はノビていた。これまで筋トレやマラソンの記事を書いてきたが最近はサボっていた。素直に白状したい。

だって暑いんだもの。

だって仕事から帰って走りに行ったら死にかけたんだもの。

熱中症をプチ体験してから自分の命を大切に過ごした2ヶ月であった。

 

さて、なぜGPS搭載か。

ランナーたるものマップ上でランニングコースを確認したいという素直な欲求がある、と思われる。

我がマラソン部の監督は顔マラソンなるコース設定をしている。これは走ったコースが実際に人の顔になっているのだという。

都市部なら道が網の目の様にあるから色んな顔を描けて楽しいかもしれない。えくぼまでつけることも可能だろう。それに対して田舎での顔マラソンはかなりブサイクな人相になりそうなものだ。

 

それはいいとしてGPS機能は顔にしろコースの改善にしろ走行順路を後で見返したり、ランニングの途中で修正したりと大いに役立つのは想像に難くない。

そこで専ら話題に上がるのがGarmin(ガーミン)だ。

もう脱帽。GPS搭載なので走行距離やペース配分が表示されるのは当然として心拍数や走行時の上下動比、左右の足の接地時間までわかるとは。まだまだ紹介しきれない機能がたくさんあり、軍の装備品なのかと疑ってしまう。

というのはあながち的外れではなく、GPSにはみちびきが利用されているとのこと。

qzss.go.jp

 

日本にいるかぎりどこでも把握できるガーミン腕時計。

すごいな。

 

でもこのGPS機能をマラソンだけに利用するのはもったいない。

筆者が考えるところでは、子供に装着してみてはどうだろうか。

先日キャンプ場で失踪した女の子の捜索が打ち切られたという悲しいニュースがあった。このような親にとってはいたたまれない悲劇を防ぐためにも子供にGPS腕時計を付けさせたい。

と自分が発明したかのように得意げになっていたら、君の考えることはね世界は何年も前に商品化しているのだよワトソン君。

とホームズに言われた気がしたのでちょっと紹介。

これはコナンじゃないか!ドイルじゃなくて剛昌の方の。

そのコナンが付けてるヤツだ。自分が子供の時にこんなの付けてたらもう厨二病爆発だったろうな。麻酔針は飛ばないだろうが。

子供にスマホは持たせたくないけど居場所は知りたいという親に応えてくれるアガサ博士の発明だ。

これはいいぞ、むしろ筆者もほしい。

何を隠そう、筆者はおっさんコナンと呼ばれているからである。

中身はおじさん、外身はコナン!

真実はいつもひとつ!!

 

でもね、この時計達は裏を返せば居場所がたちどころに捕捉されるということなのだ。

誰にって?カミさんしかいない。

準天頂衛星を駆使しておっさんコナンの行方をスマホで眺めるさしずめ蘭ねえちゃん。まさに手の平の上で踊らされるコナン。

つまり何が言いたいかって?はっきり言いましょうか。

浮気をしたら即バレということだよ。

そんな人生の嵐を呼ぶGPS時計。

 

真実はいつも複数!!

 

あってもいいじゃん…ダメ??

 

そんな筆者が身につけている時計はこれ。

f:id:xray-stardust:20190928180545j:image

なんと全裸監督の玉山鉄二が同じものを付けていたと思われる。

素晴らしいのは価格だ。

チープカシオと侮るなかれ。時計として必要最低限の機能が付いている。

何よりシブい。

 

ってよく見たら子供用ウォッチの方が何倍も高いじゃないか。

おっさんコナンは経済力も子供並だったのね。

 

以上、

見た目は子供、中身はオッサン、真実はいつも複数の回でした。

 

しかし腕時計がみちびきとリンクというのはカッコいいぞ。