屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

トランプ大統領訪日と日本の独立について。憲法改正は立民に阻止された模様。

ようやくトランプブームが落ち着いてきました。

今回のトランプ訪日に関して日米双方に何の成果があったのか、検証されている昨日今日の各メディア。

米国ではアメリカ国内外の問題を棚上げしたバカンスだと報じられているそうですが、成果だけを焦点とするならばそれも無理はありません。特に日本との貿易交渉に関しては進展がみられなかったためです。

かたや、日本国内においてもトランプ氏訪日を批判するメディアや政党が存在しています。ゴルフ、相撲、炉端焼き、自衛艦乗船などこれらは全て過剰接待だとし、安倍総理を筆頭に日本政府はトランプ夫妻のツアーコンダクターだとする論評です。

 

しかし、筆者は日米緊密こそが日本の対外リスクに立ち向かう現状の取りうる最良の選択だと思います。そのために日米友好に腐心する安倍総理を批判する理由がわかりません。

天皇の譲位後初の国賓として、あくまでトランプ氏ではなくアメリカ合衆国の大統領を招くというのは当然すぎるように思いますね。

このように日米の深化こそが日本を守る術になっているのにこの何が問題なのか。批判する人は現在日本が置かれている東アジアの地殻変動が全く見えていない。

いまだに拡張主義をとり人権弾圧をする国々。それを隠そうともしない中国・ロシア、そして核を放棄する気配が微塵もない北朝鮮。民主主義の敵である大国とゴロツキ国家を一度に相手にするには日本だけでは到底無理なのは誰でもわかります。いわゆるサヨクと言われる人たち、これわかってますよね?

そこで必要になるのは軍事力です。

ハードパワーの裏打ちがあってこそ外交交渉という対話ができる。力のない対話は対話にはならないでしょう。仮に日本がアメリカと安保条約を結んでいなかったら、日本は中露の侵犯を許し、北の拉致家族帰国は夢のまた夢。

国際政治においてはリアリズムが常識であるのに平和ボケした日本人は“軍隊=戦争”という短絡的思考から抜けきれないでいる。

日米安保(米軍の核を含む軍事力)こそが日本国民の生命・財産を守る盾になっているのにそれすらわからない人が多すぎる。自衛隊だけで核保有国とどう立ち向かえばいいのか。それには同じ民主主義・自由経済という価値観を共有し、世界最強の軍事力をもつアメリカ様が絶対に必要なのです。

このいい意味でも悪い意味でもアメリカを体現したようなトランプ大統領を日本の国力を持っておもてなしすることは日本の国益に十分かなう。お釣りさえ出てくると思うのですね。

安倍総理とトランプ大統領は先進国の首脳という関係を超え、人間としての深い友情すら伺うことができます。このふたりロン=ヤス以上でしょう。

f:id:xray-stardust:20190530192029j:plain

これが、

f:id:xray-stardust:20190530192008j:plain

こうですよ。

同じ人間とは思えない表情です。

トランプさんのこんな可愛い顔見たことない。

この笑顔を引き出した安倍総理。すごすぎる。

 

と、ここまで親米保守とレッテルを貼られる立場で語ってきました。しかし本来は筆者はアメリカにおんぶに抱っこの状態が本当に悔しい。

アメリカに頼らず、日本だけで何とかしようや!!というね。

日本に軍事力があれば、当然使うことと持つことは別として、総理大臣がアメリカの大統領のご機嫌をここまで取る必要もないし、拉致家族だってアメリカに頼むようなことはないでしょう。そして基地問題も縮小できる。

東アジア危機に地政学的に直面した日本が自らアメリカを守る障壁になる、くらいのね矜持はないんですか我が国民よ。当然そのためには日本の核武装も議論になってくるでしょう。

自衛軍には限界がある、とそう思わされたトランプさん訪日でした。

もう憲法ごっそり変えて日本軍にしちゃえばいいのに・・・。そしてようやく日本がアメリカと対等に話ができる。その瞬間にこそ日本の独立があると思います。

 (余談ですが、軍部が暴走するというのは過去の遺物的発想であって現在ではシビリアンが戦争を起こすという研究があります)

 

一刻も早い段階で自衛隊の存在を憲法に明記する必要がありますが、昨日の憲法審査会は立民の枝野さんに潰された模様。

www.sankei.com

国民の議論が必要なのにたった一人の国会議員が駄々をこねて審議を止めている。

果たして日本は民主主義なのか疑ってしまいますね。

 

では妄言失礼しました。