屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

BESS 『程々の家 倭様』永住の地建設計画! 〜2階はバリ封編〜

前回はブッ込んだ記事を書きまして国民の意識を啓蒙しようと試みたところです。
今回は建てようとしているBESSの程々の家・倭様の紹介続きをしていきます。

www.ladystardust.space

 

 

程々の家 倭様 八風  2階

外観イメージ

f:id:xray-stardust:20190513200822j:plain


 

大屋根がかかる「程々の家」らしい、のびやかさ。
土間から広緑、庭へ。内と外を連続させた「倭様」ならではの、おおらかさ。
無理することなく、自然にオープンマインドな
暮らし方ができるように設計した特別モデルです。
https://yamatoyo.bess.jp/

 

本日はこの三角屋根のところ、2階部分の程々の紹介です。 

間取り

f:id:xray-stardust:20190518204222j:plain

「程々の家 倭様」パンフより

https://yamatoyo.bess.jp/

 

オープンスペース

f:id:xray-stardust:20190513180228j:plain

階段を上がると6畳のちょっとしたスペースがあります。

全ての部屋に通じておりますので廊下の役割がありますが、廊下というほど細長くはありません。

何かに使える共用スペースとなっていますのでどんな用途にすれば良いのかちょっと考えてみましょう。

f:id:xray-stardust:20190513180253j:plain

いやしかし難しいですよ。こういう部分に家主のセンスが出ますからね。

小物だったり雰囲気だったり。シャレオツセンス皆無なのですが、頑張ってみたいと思います。

1.テレビを置く

筆者の家ではテレビは全然稼働しておりません。NETFLIXと天気予報、重大ニュースの時しかスイッチを入れませんので、1階のリビングにテレビを置く必要があまり感じられません。このくらいの空間にテレビを置くのがちょうどいいのかもしれませんね。

 

2.レコードを置く

ここにレコード棚を置き、DJスペースとして活用したらスゲーおしゃれ。吹き抜けから1階に向けて音楽を爆音で垂れ流すともうクラブの熱気は最高潮!!土間と広縁に集まった客はDJ☆星の屑イエー!!激アツな歓声!!

とかなったらカミさんにやかましい!!!

とキレられますのでDJはやめておきます。しかし、レコードもまぁまぁの枚数がありかなり重いです。

前の職場の上司は大量にあるレコードの保管場所の床は補強工事を行なったという話でしたので、2階にレコードを置くのは要検討です。床が抜けるのはえらいことですからね。

 

3.書斎にする

こちらも大量にある本を置いてしまうと床が不安ですので置くなら少量。
しかしそれは書斎と呼べるのかという疑問ですが、一体、書斎って何するところなんでしょうね。
調べてみましょう。

しょ‐さい【書斎】の意味

個人の家で、読書や書き物をするための部屋。書室。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

読書、書き物のための部屋ですか。 吹き抜けがあるので下からの物音が上まで届きます。それにどの部屋にもつながってますので人の出入りがあれば100%横切られます。落ち着いて本を読む場所には向いてないかも。

むしろ、隠れているようで隠れていないため下からの指令が直で届きそうな予感。

 

4.作業場(ワーキングスペース)

机とイスとノートパソコン。これで何かの作業スペースとしたらどうでしょうか。

こちらの案が一番現実的な気がします。

 

1~4の案に総じていえることはここのスペースは夏と冬快適に過ごせるかどうか。エアコンの位置にもよりますが、不快であったら単なる廊下としての機能しか持ち得ないことになるでしょう。

f:id:xray-stardust:20190513180420j:plain

ただ確実なのは、この写真のように吹き抜けに付いている柵が隙だらけなので防護壁を作る必要があります。乳幼児がそのまま1階に転落する恐れがありますからね。数年の間はちょっとダサいけどバリケードを設置する必要がありそうです。

バリ封じゃあ!!!

はい、次。

 

主寝室7.5畳

筆者夫婦の寝室です。

f:id:xray-stardust:20190513180319j:plain

カミさんが言うにはダブルベッドはアレだそうですので、シングルベッドをふたつ導入予定です。

アレとはなんでしょうかね。
(カミさんの寝相が大変悪いため筆者の睡眠を妨げたくないという心遣いだと勝手に思っておきます)

そして奥のクローゼット。この部分はどんな感じか忘れました。

しかし、小窓が玄関側についていますので外の様子を見ることができますよ。

こんな風に。

f:id:xray-stardust:20190513180332j:plain

庭で遊んでいる子供達を寝室からこっそり覗く感じ。

 

6.0畳の部屋

f:id:xray-stardust:20190513180306j:plain

子供が小さいうちは筆者の部屋の予定。その後は子供部屋。

天井の垂木(たるき?)が斜めに走るのが見えますね。かっこいい!

写真に写っているようにそんな可愛い調度品何も持ってないんですけど!さすがモデル

ハウス。子供部屋も細部に至るまで本気で演出してきます。

 

トイレ

2階にもトイレがあるのは嬉しいです。お酒をよく飲む筆者はどうしても頻尿になりますね。これは夜間は非常に助かります。

そしてお尻が緊急事態の場合。そんなときに限ってトイレが塞がっている、それが世の常です。しかし、ご安心。2階にもトイレがあったらいざというときにも間に合いそうです。しかし階段を駆け上がってる最中のハプニングは想定しておりません。

 

アレンジで3部屋に

f:id:xray-stardust:20190518204200j:plain

こちらが3部屋の設計です。部屋を増やす代わりに収納部分が大幅に無くなっております。

星の屑夫婦はアレンジプランも考えましたが、結局ノーマルでいくことにしました。3部屋にすると部屋の一部が吹き抜けにはみ出してしまいます。そうすると1階にいても2階にいても圧迫感が出そうだなという結論です。

また、将来的に子供が増えたとしても最初から部屋数を増やして建てるのではなくて、部屋を区切るなり夫婦が移動するなりなんとか考えようということになりました。

というのも、モデルハウスに入ったときの衝撃をそのまま再現したい、というテーマがありますので家の外観や間取りはいじらずにそのままで建ててもらうつもりです。

しかし、玄関飾りのBのエンブレム(BESSのマーク)はダサいので外します。

 

面積

f:id:xray-stardust:20190518204231j:plain

こんな具合で程々の家・倭様2階の紹介を終わります。

いつも読んでくれている読者さまには大変退屈な内容になっております。申し訳ないでする。