屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

ブログ100記事投稿した今考えていること。アクセスに縛られないブログライフ。

先日、とうとうブログ100記事投稿を達成いたしました。

記念すべき記事はこちら。

www.ladystardust.space

 まず、最大限の感謝を。

ブログ開設が2018年の暮れでしたのでここまで来るのに約4.5ヵ月かかりました。

我ながらよく続いたもんだと思います。収益もままならず、アクセスもほとんど無い状況でなぜここまでやってこれたか。

それは影になり日向になり、筆者の大変どうでも良いブログを応援してくださっている読者の皆さまのおかげです。(この記事の作成時点で98名いらっしゃいます)

いつもブクマやスターをたくさんいただいています。

本当にありがとうございます。

そして検索などで飛んできていただいた方にも感謝しています。一期一会は大事です。

 

本来ならば、「脱ブログ初心者の登竜門としてまず100記事」とよくいわれるように筆者も他のブロガーさんを習い100記事記念に

  • PV数
  • 収益
  • それらを上げるためのノウハウ
  • 文章が上手くなったとかの目に見えにくいメリット

などを堂々と公開したいところです。そしてtweetしてバンバンRTされて100記事おめでとうなるリプライも山のようにもらいつつtweetからの流入爆上げ、さらには◯◯砲が炸裂し検索流入も稼ぎ、当ブログはもはやお祭り状態

 

 

 

・・・そんなわけあるかい!!

 

あれは去年の暮れ。カミさんの実家にパソコンを持ち込み大晦日そっちのけで100記事を書き終えた自分を想像して、ニヤニヤと笑いながらキーを叩いていた筆者。

親戚や催事を無視してまで記事を積み重ねるのに必死だったあの頃。

僕は何を夢みてたのかなぁ。

「100記事もあればブログの収益が副業といえるほどになっているだろう。そしたらブログで稼いだカネをインデックス投資にまわして複利で儲ける日々を過ごそう。」

というね、ネットに氾濫しているブロガーたちの本当か嘘かわからない成功談を信じて自分もその気になっちゃってましたね。

平成31年を迎えていない、それどころか元号が本当に変わるかさえ実感が無かったあの時の私。

その彼に伝えよう。5ヶ月先の未来からこの場を借りて。

 

PVは伸びない

カネは稼げない

よって副業として考えるのをやめなさい!!

 

つまりブログでカネ儲けのセンスを持ち合わせていない、ということを。

ただ、ブログで初めて1円の収益が出た時のことは忘れません。まさにアームストロング船長のこの言葉を思い出しました。

 

人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては偉大な一歩だ

That's one small step for man, one giant leap for mankind.

 

この1円からスタートするのだ、と。確かに自分の書いた文章でお金が発生した嬉しさというものは代え難いものがあります。

ですが、その後爆発的に収益を上げることができず0と1は遠いけれども本当は近いのだと諦観がありました。

 

普通だったらブログ開設の動機が不純だったために収益低迷=失敗と思われるでしょうが、そうではなくて実はこの収益化失敗がブログに対する見方を変えてくれた嬉しい誤算でもありました。

 

ヘルスケア特化ブログから雑記ブログへの移行

当初は健康ネタだけの医療特化ブログにしようと考えていましたが、書いていて面白くはないですし、見にきてくれる人もまばらです。特化ブログとしては強いのでしょうが、どうしても仕事をしている感覚に陥ります。本物の副業です。

医療ネタだけのブログが一発でGoogleアドセンスに受かったのは奇跡でしたが、文章を書くのが昔から苦ではない私は“どうせなら好きなことを書こう”と思い始めたのですね。

当然、記事の方向性がバラバラなのでアクセスは落ちますが自分の思考を書き留めたい私はビジネスというよりも記録簿的にブログを使うことにしました。

 

イケハヤって誰?

ブログ界の神らしいです。筆者はいまだによく知りません。

最初、池田勇人(58,59,60代内閣総理大臣)かと思いましたね。 

貧乏人は麦を食え!!

発言で有名な。もしくは所得倍増計画を打ち出して実際に達成させてしまったすごい人。

ブログを収益化できてない筆者にとっては、イケハヤのノウハウでビジネスとして必死になるよりは麦を食べて楽しく貧乏ブログライフを送りたいと考えるようになりました。その点、ブログで所得倍増はあり得ないことですが。

 

アクセスに縛られない

そして最近もあったようにGoogleの規約改定によるアドセンス収益の低下がありますが

 

アクセスに縛られない

 

という基本スタンスがあれば、今後どのような改定が行われてもブログを純粋に楽しめるのではないかと思うようになったのです。

この考え方こそが100記事を越えて得られた最大の贈り物だと思っています。

まぁ“酸っぱいブドウ”と言われたらそれまでですが笑

 

なぜだかわからないけど読者様が増えている

アクセスを無視したジャンルを越えた記事を量産することで多方面の読者様が見にきてくれるようになりました。これも大きな財産です。はてなブログはこの横の繋がりが本当に強い。ワードプレスで始めていたらきっと今まで続けてこれていません。スター、ブクマ、コメント、読者登録は本当にモチベーションに直結していることがわかりました。

特化していたら読者様も固定化されていたことでしょう。

いつも読みにくいブログにお付き合いくださり再度、御礼を申し上げます。

 

ブログ混沌化計画

当初から遊びに来ていただいている方はご存知の通り、特化ブログを諦めた頃から当ブログは混沌としてきています。

医療・住宅・旅行・政治思想などもうなんでもアリな感じです。今後もさらにカオスにしていこうと思います。

その理由はめんどくさい。これだけ。

ブログをジャンルで分けるのも、目次を付けるのも、吹き出しで見やすくするのも、もうめんどくさい。

はてな界隈はリテラシーが高い方が多いためそれに甘えています。筆者の思考をなんでも文章ゴリゴリで落とし込む。そんな読者にとってあんまり優しくないブログにしていこうと思います。

 

毎日投稿をやめる

もうしんどいことはしない。書けるときに書く。書けないときがあってもいい。毎日投稿という宗教にハマると心理的なプレッシャーが大きいです。それでブログ更新が止まれば元も子もありません。

筆者も何かイベントがあって時間が取れないときは無理に書きません。当初は毎日投稿が絶対の義務みたいに捉えていましたが、そのために家族との時間が減っては何にも意味がありません。だってブログは備忘録ですから。収益が相当出ていたら話は別ですが、貴重な時間をつぎ込んだ挙句他のものを犠牲にしてはサービス残業と同じです。全ていいバランスで自分の時間を使うことが大事です。

ブログを書いているときはよく妻に

「また仕事してる。いつ終わるの」

と言われます。残念ながら収益化できていないので「仕事じゃないよ」と答えますが、このやり取りからもブログを書く意味を見つめ直すことができたのも事実です。

毎日投稿の意味は全てアクセス増加、これによる収益化です。収益化できてない筆者のような場合は無理に毎日投稿しなくていいのです。

肩肘張らずにゆるーくやりましょう。

 

100記事達成のまとめ

今回の記事をまとめるとアクセスを考えないようにしたら随分と身軽になったよ、というお話でした。アクセスにとらわれると書きたいものも書けない。これが最悪だと思ったので今後とも何にも縛られないブログになるでしょう。

アクセスと収益お化けに取り憑かれている方、筆者のようなブログもあるんだよーというのを是非知っておいてほしいです。

皆様もよきブログライフをお送りくださいませ!

しかし、本音を晒すとはてなpro代は回収したいなぁ。でもブログを趣味としたらお金かけるのが普通だし回収しなくてもいいのかもなぁといったところですかね。