屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

ブログからダイオキシン!! ブログ中毒者のひとり言。

表題はなんかカッコいいからつけてみました。

しかし、ブログは発がん性物質に近いものがあると最近痛感しております。

 

筆者は同人誌(マンガではなく文芸誌)を発行したりフリーペーパーを出したりと物を書くのが昔から好きであったため、ブログというツールは自身の性質にぴったりと符合したのです。

最初は人に役に立つような記事にしようと腐心していましたが、そういうサイトは検索すればたくさん出てくるのにわざわざ自分が作る必要性を感じなくなってきました。

お役立ちサイトはネタが浮かばなければ記事が書けない、そして競合のない特集などはそうそう作れるはずもなく自然と筆が遅れがちに。だからアフィサイトは向いてないのです。

さらにアクセス数という悪魔がブログの存在意義を測定しにやってきます。

 

このように苦悶していた日々でしたが、あるとき全てどうでも良くなったのです。

特化ブログをやめて雑記にしようと。

そう思ったきっかけは個性を売りにしているブロガーの皆さんの存在です。

物書きを趣味でやっていた人間としてはやはり、書き手の顔が見えるブログが面白い。その“人となり”に興味が持てるのですね。

そこで筆者も当ブログの守備範囲を多ジャンルに広げ、カテゴリに分類できないネタも書いてきました。

 

制約が無い状態で書くのは本当に面白いですね。

最近では公共の福祉に反しない程度になんでも文章化しています。

おしゃべり好きなおばちゃんと同じで筆者にとってはそれがブログなのだと考えるようになりました。

しかし政治系の記事は頭に来たことをぶつけてますのでその内削除すると思います。

 

願いとして 

頭の思考を全部ブログに落とし込みたい。

仮に今死んだとしてもAIか何かで生前残したこのブログの記事から筆者の人格を再度構成できるような、というのは極端かもしれませんがそれくらい自分の思考を全部ブログ上でクラウド化させたい。

 

ネットは広大だわ

f:id:xray-stardust:20190614211442j:plain

Photo by NASA on Unsplash

とは意識をクラウド化させた草薙素子のセリフですが、そうなっても面白い。

それこそブラックミラー のタッカー社が開発したサン・ジュニペロの世界。

 

しかし物を書いても飽きないしネタは尽きないとなると既にネット中毒というよりブログ中毒といった方が正しいのですが、自身の時間を蝕んできていると最近特に認識しています。ブログの記事作成が快楽中枢を刺激している。

当然、好き勝手書いているのだから気持ちいいのは当たり前なのでしょうが。

 

そこで一度、ブログの更新頻度を落としてみようと思います。

のめり込みすぎて危ないという理由もまた自分らしく面白い。

ですが、今継続中のカテゴリで進展があればもちろん記事にします。

 

ブログの記事作成にかける時間を読書に割いてみようと思います。

一旦、アウトプットをやめてインプットへベクトルを変えてみます。

 

いや、しかしあれやこれや書くのがデトックスにもなっているので簡単にブログをやめられるかな?果たして。

近頃読み始めた徒然草の吉田兼好も同じような精神状態だったのかもしれません。歴史的な偉人と筆者を重ねるのはおこがましすぎますが、かの有名な冒頭。

 

心にうつりゆく よしなしごとを

そこはかとなく書きつくれば

あやしうこそ ものぐるおしけれ

 

この最後の2文の口語訳。

 

とりとめもなく書きつけてみると、

ほんとうに妙に、気違いじみていることだ。

f:id:xray-stardust:20190614211328j:plain

父世代の教科書なので時代を感じさせるすごい訳ですが、まさにこの通りです。

エッセーなんて。キチガイ的駄文です。

そして更なるキチガイエッセイストを目指して書籍からあらゆるものを吸収したいと思います。

読書時間が大幅に減ったのが気になっているところでしたので、これをいい機会にしたい。

そう考えると書評ブロガーさんは本当にすごい。尊敬します。

 

今は貪るように本を読みたい。そして映画を観たい。

時間は有限であることを知ったこの半年。

 

みなさま、よい週末をお過ごしください。

 

ミニトマト収穫 累計5個

マラソン13km  1h18'51"