屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

ipadとキーボードケースさえあればどこでもブログが書ける

皆さまいかがお過ごしですか?

筆者はブログでの書きたいネタはたくさんあるのですが、なかなかまとまった時間が取れず記事数が停滞しています。

そんな悩みを解決してくれそうなガジェットの紹介。

コイツは幕間の時間にちょこちょこ書き足していくのに活躍してくれそうな予感がしています。

今回紹介したいのはこちらの商品です。

ipadに関しては特に筆者が言うことは何もありません。

しいてあげるなら、

父親にipadを取られたので新しくipad miniを買ったよ

ということです。

帰省している際に「それいいのう」と横で呟かれた筆者はピンと来ました。

欲しておる。父がこのipadを欲しているのだと。

ま、それには理由があり認知症で入院している祖母にiphoneでひ孫の写真や動画を見せてもそこはスマホです。画面が小さい。

しかしipadだと認知症かつ脳梗塞そして老眼の祖母でも反応がいいのではないかと考えたわけですね。だって画面が大きいもの。

筆者にはipadは画面が大きいよりも重さの方がネックでしたのでそこはディールしまして、父親にipadをあげる代わりにipad miniのお金を出してもらえないかと。
うん、結局言いくるめて最新のipad miniを筆者が手に入れたという話でした。
 
余談ですが、祖母にipadで写真動画を見せるとかなりのいい反応をしたそうです。

コンピュータおばあちゃん

ぼくは大好きさ
 
一体何の話だったかしら。

そうそう追加で注文したキーボードケースを買えばどこでもブログが書けちゃうよということを伝えたかったのです。
 
購入の動機は言わずもがな、フリック入力で長文は大変だからです。

いくら時間があってもフリックだけでブログを書こうもんなら難儀します。前回の広島・流川流浪記事はiphoneで書きましたが、目は痛いし指はピキっとなるし劇的にUIを高めてくれるガジェットを探していたのですね。

 

DINGRICH キーボードケース

こんな感じで送られてきます。

f:id:xray-stardust:20190924205310j:plain

 

ケース部分は高級感がありますね。

キーボードがあるからケースは雑なんてことはありません。防護機能として十分。

また、こんな風にケースとキーボードは取り外し可能です。

f:id:xray-stardust:20190924205322j:plain

 

  
実際に使用しているところです。メモに打ち込んでいます。
接続はBluetoothを使います。ストレスなくすぐ繋がりました。

f:id:xray-stardust:20190924205245j:plain

軽い!!

軽いですね、このキーボードは。

しかしこの軽さの裏返しなんですが、キーボードをケースから完全に離してしまうとタイピングの衝撃でキーボード自体が動きます。

そのため、キーボードの一部をケースに載せておくと磁石でお互いが固定されるので安定します。

 
キーボードの裏面です。

ケースに埋め込まれた磁石にくっつくようになっております。

f:id:xray-stardust:20190924205235j:plain

ipad miniならば重量感もそれほどありませんし、このキーボードも軽量です。

これならばノートPCを持ち運ばなくともipadと一緒にちょっとしたお出かけのお供になってくれるでしょう。


そしてたまたまできた隙間時間にもブログの記事がスラスラ書けちゃうというブロガー必携ツール。

f:id:xray-stardust:20190924205256j:plain


本体を守ってくれるケースだけではなく、キーボードも付いて3000円(2019/9)とは破格だと思います。

 

 
ちなみに今回の記事はキーボードケースのキーボードで書いております。
 

 

と言いたかったのですが、ほんとはmac bookにて作成しております。

すみません。

だってそりゃラップトップの方が打ちやすいんだもん。

 

まとめ

ノートPCよりもタブレットの方をよく持ち歩き、かつスマホでの長文作成に限界を感じている人には勧めたい一品です。

音声入力派の人も声を出せない状況にいる場合は重宝しそうです。でもそういう人はBluetoothキーボード単体を持ってるのかもね。
 
 
寒暖の差が激しくなってまいりました。お互い風邪をひかないように気をつけましょう!