屈折する星屑エセー

本職は医療従事者ですが雑記帳として綴ります。

私が持つ1票など無きに等しい。しかし選挙には意味が無いとは言いたくない。

え、あんた放射線技師じゃないの?

とびっくりなさったいつも読んでくれている読者のみなさんありがとうございます。

私、放射線について学ぶ前には法学部を卒業しております。実は放射線よりも政治の方が好きなんですが、というよりむしろ放射線はあんまり興味はないです笑 今まで散々記事のネタに使っておいて!とツッコミたくなる気持ちもわかります。放射線は生活のツールに使っているため自分自身にツッコミを入れている毎日。

 

ま、それは置いておきまして今日は“政治”とまではいかないもっとライトな話をしようと思います。いつもの記事とはテイストが全然違いますが、こちらが本性かもしれません。

 

普段は政治宗教とは一線を置いた生活をしています。政治家や宗教家以外はある程度距離を置かないと社会生活できません。特に日本ではおおっぴらに政治的発言が許される社会の土壌もなく、「他人とは政治と宗教と野球の話はするな」と家庭で教育されるくらいです。私もご多聞に漏れず日本の社会人としてはまっとうなサラリーマン生活で政治宗教野球の話は避けております。でも地元球団の話はするかな。みんな味方だし笑

 

ですから職場では単なる放射線技師として過ごしています、当然。かといって裏で何か政治活動をしているという訳でもなく、革マル派でも赤軍派でも右翼団体でもどこかの政党党員でもありません。ここがひとつのポイントです。

 

そして私は毎日新聞を読みます。購読は政治学を勉強していたというのもあるし歴史や経済も好きなので“趣味”と“政治的信条を養う”に資するものと兼ねています。

(今、政治的信条?うわ、と若干引いた人もいるかもしれませんね。その“うわ、”について今回は触れていこうと思います。)

その結果、忙しくてニュースや新聞を追えない人や元々政治経済に興味が無い人達とは持っている情報量や報道への捉え方に差が出てきます。例えば世界政治だったり憲法問題だったり中国や北朝鮮の人権問題だったりと数あるイシューにおいてです。ま、それも当然で私の場合興味があって大学に入ったくらいですから。これがポイント2つ目。

 

そこで不思議だなと思うのが、下記①②を比較した場合。

①政治的信条があって国政選挙には絶対参加する人(政治経済の動きに興味がある)
②政治?なにそれ。選挙?うるさいやつね。という人(いわゆるノンポリ)

①の人と②の人。

身近な例を出すと①私と②妻なのですが(笑)なんと、

どちらも同じ1票しかない!

ということです。何当たり前のことを言ってるんだと思うでしょうね。

しかし固定概念を取っ払って合理的に考えてみてください。普段から世の中に興味を持って政治に参加し何かを変えたいと思う人(つまり①の人)の方が自分の持ち票が多くてもいいと思いませんか?AKBの熱狂的ファンが投票権を一人で何票も持つみたいな。

ですがこれを国の選挙でやっちゃうと民主主義ではなくなります。(民主主義の最低ラインは制限選挙ではなく普通選挙という意味で)

 

そこで私は思います。

なぜ新聞を読むのかと。なぜニュースを見て日本や世界のことを考えるのかと。所詮は病院勤めのサラリーマンです。アメリカの大統領でも日本の総理大臣でもない私が政治経済外交人権などなど考える意味はどこにあるのかと。社会を変えられる力もなく、あるのはノンポリな人々と同じ一票のみ。

もしくは自身の言動や執筆で自分の一票を10倍にも100倍にもできる人もいるでしょう。しかし私のように政治的な信条はあるけれど活動や運動をしないために自分の一票を一票で終わらせる人が世の中の大半だと思います。(あえて投票行動をしないという人も含みます)

たった、たったの一票しかないのに世の中のニュースや仕組みを知って何になるの?

 

これに対する答えを考えていましたが、つい最近わかったような気がします。

 

国が間違った方向に行く前に止めるためだと。

 

NOアベ政権などと駅前で立っているおじさんおばさんがいますがそんなレベルの話ではなく、国が根本から壊滅させられる前に気づくためです。(もっとも共産党が政権を取ったらそれこそ日本は消滅すると思いますが)

第二次世界大戦に突入していった日本、そしてつい最近では“史上最悪の政権”と言われる民主党政権時代。どちらも国民が自分の頭で考えれば、暴走を止められたと思います。誰がなっても変わらないという人はお話になりません。

自分には一票しかありませんが、危機感を持てば身近な人にまず訴えますよね。自分の一票が5票にまでなるかもしれません。そういう草の根運動がいざという時の暴走を止めるのだと思います。

平時(現代の日本)においての一票の投票行動の意味というのは今回論じてません。利益誘導など。その内書きたくなったら記事にします。

つまり

未来において過去から学ぶこと、そしてそれを今に生かすこと。そのためにノンポリになってはいけないと思うのですね。

 

偉そーに書いてきましたが、私は転職して時間が増えたために日々の出来事に接することができるようになったわけで多忙な人は細かくニュースを追うのは無理ですよ。以前の私はヤフーニュースが精一杯でしたから。そんな毎日頑張っている人に何か聞かれたら答えてあげられればなとも思います。

反面、通勤時にスーツ姿でスマホゲームをするサラリーマンを見ると時間があるならニュースでも読んだらいいのにとも思います。家を出る前に新聞読んでましたらごめんなさい。

 

最後の文は余計な気はしますが、これにて終わります。

ブログを始めて50記事過ぎたくらいですが、ようやくエッセーぽくなりましたね!

ゴリゴリのテキスト記事、読んでいただきありがとうございました。