屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

アイコンに愛着が湧いてしまって変えるタイミングを逃した

少しずつ秋の気配を感じてきましたね。

しかしまだ日中は暑いです。

 

今日はアイコンの変更についてです。

現在筆者はこんなのを使っています。

f:id:xray-stardust:20190904203101p:plain

これはメジェド神というもの。

死者の書グリーンフィールド・パピルスの第17章では、他のよくわからない神々とともにメジェド(「打ち倒す者」の意)について次のような言及がなされた。

「私はそれらの中で打ち倒す者の名を知っている。それはオシリスの家におり、目によって撃ち、姿は見えない。」[1]

この神について、それ以外なにも分かっていない[1]。

[1^ a b c “What is a Book of the Dead?”. British Museum (2010年9月22日). 2015年4月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月17日閲覧。

メジェド - Wikipedia

死者の書に出てくるよくわからない神を拝借しております。

何でしょうね、この人?は。

オシリスという冥界の王の家にいるんだけども目には見えない。さらに「目によって撃ち」とはどういう状態ですか。

単にシーツかぶった人にしか見えないのですが、お住まいが冥府の王の居候というあたり座敷わらし的な存在なのでしょうか。結構な邸宅にひっそりと暮らしているメジェド神。

 

筆者は近くの博物館に本物の「死者の書」が来ておりましたので実際に対面しているのです。確かに、巻物にいらっしゃいましたよ。このシーツわらし。

 

で、かわいいなぁと常々思っておりましたのでブログを開設するにあたりアイコンにさせてもらいました。

著作権なんか数千年も前に切れてるし大丈夫だろと思っているのですが、どうなんですかね。

それはさて置き、

アイコンをこれにした理由は、風景や抽象的なものよりキャラクターの方が覚えてもらいやすいし、親近感を持ってもらいやすいかなと思ったためです。

加えて、メジェドだと

「なんか変なヤツが話してる」

感が出ていいかなと。

得体の知れないヤツが語るブログといった効果を狙っております。

 

しかし本当は自分のオリジナルのキャラクターを作りたい。

自分に似せたイラストとか描いてもらいたい。その方がまさしくアイコンって感じがしませんか。

みなさんはココナラなどで依頼をしているのでしょうか。自分でイラストが描ければ言うことはありませんが絵心など持ち合わせておりません。

独特のアイコンをお持ちのみなさんは羨ましく思います。見ていてすぐ◯◯さんだとわかりますからね。

 

そこで筆者は自分のふざけた写真をアイコンにしようと短時間変えたこともあるのですが、どうもしっくり来ない。

メジェド様ほどのインパクトがないからなのです。自分の写真と死者の書に描かれたわけのわからない神では勝負になりません。

それに加え、自分の写真を出すのは若干の怖さがありますよね。SNS全盛の時代にそんな警戒感は全く無意味なのかも知れませんが。

 

そこで今しばらくメジェド様には鎮座してもらうことにしました。

という訳で今後とも星の屑の仮の世の姿であるメジェド様共々よろしくお願いいたします。

気が向いたら自分の写真にします、いつか。

f:id:xray-stardust:20190904203101p:plain

明日はちゃんとした記事を書きます笑