屈折する星屑エセー

本職は医療従事者ですが雑記帳として綴ります。

メシ食わせろ!台湾に行きたいわん!食べ歩き基隆廟口夜市【二日目:基隆編】

ニイハオ。朋友!
スローペースで進んでおります台湾旅行記です。今日も遊びに来てくれて謝謝。

 前回はびしょ濡れのまま788号バスの冷房にさらされ基隆までクール便で送られる話でした。

www.ladystardust.space

二日目これからの旅程:基隆⇨台北

現在18時15分頃

さてウチのカミさんが「寒い」「お腹減った」を連発しているため、急いで夜市までテクテクします。

しかし、基隆は港ですね。海風が潮の香りを運びます。うーん、詩的。

そんなことはどうでもいいから花より団子!なんかあったかいもん食わせな! 

バス停ひとつ分歩きますと基隆の夜市である基隆廟口夜市に到着です。

基隆廟口夜市

f:id:xray-stardust:20190323141651j:plain

提灯がかなりgoodな雰囲気。

九份とはまた違う提灯テイストです。

今回の記事は夜市を歩いてご飯食べて帰るだけですので特にこれといってありません。写真多めの構成です。

f:id:xray-stardust:20190323141516j:plain

この基隆廟口夜市はごはんが美味しくて有名らしく、台北から日帰りで来る人も多いそうです。

確かに、ごはん屋さんしかありませんね。

カニ蟹かに鰕!!甲羅祭り開催中です。

f:id:xray-stardust:20190323141527j:plain

ひょー!

なんかわからんけどお腹減ってくるイキフンです! 

f:id:xray-stardust:20190323141655j:plain

台南府城 蝦仁肉圓

どうですか、これ。なんか蒸されてます↓

ウマソスー!

f:id:xray-stardust:20190323141607j:plain

九份の芋汁粉以来食べてませんから、ここらでなんか食べておきたい。

カミさんをとりあえず大人しくさせねば。

ということで看板メニューであろう肉圓の正体が不明のまま頼んでみました。

そしてお米大好き女子のカミさんのために、これまた正体不明の米と書かれたなんかも注文します。

f:id:xray-stardust:20190323151547j:plain米糕(ミーガオ)とは日本でいう“おこわ”のこと。台湾でおこわを食べるなんて思いませんでしたが美味しかった。良きかな。

そして肉圓。これも“もちゃっ”として美味しい。中のエビがふーっと出てきます。

肉の米糕 40元 約140円

蝦仁(エビ)肉圓 60元 約210円

で肉圓って一体何?

帰国して調べてみましたらあの食い意地張った親父とお袋がむしゃむしゃ食べてたアレのことでした。

travel-noted.jp

いや、まさかこれだけで終わるはずがありません。

f:id:xray-stardust:20190323141601j:plain

そう、これくらいガツッといかんとね!!

金猪王ですよこれは。鎮西のおっことぬしです、か?

こんな豚さん見てたら豚肉食べたくなりました。

そこで我々は子豚ちゃんを探します。

すると豚肉料理の大混雑のお店を発見。

猪脚原汁専家

いやもう台湾すごいな。文字から伝わるエネルギーが強すぎる。

豚足スープ専門のお店ということなんでしょうが、原汁専家ときましたか。

これは期待大!ヨダレじゅるじゅるですね。

でも残念、屋台には席がない様子。ショボーンとしていると

「奥へ行け!」

と言われた気がして視線を向けてみると

f:id:xray-stardust:20190323154417j:plain
f:id:xray-stardust:20190323154413j:plain

ダンジョンへの階段が出現!!

濃い、そして胃袋を鷲掴みにする匂いにつられて階段を上がっていきますとそこには

f:id:xray-stardust:20190323155305j:plain

基隆の皆さん、むしゃぶりつきタイムです。

f:id:xray-stardust:20190323155528j:plain

さぁ、頼みますよ。猪脚。匂いがもう美味しいもの。

f:id:xray-stardust:20190323141411j:plain
f:id:xray-stardust:20190323141415j:plain

猪脚(小)200元 約700円

青菜 90元 約315円

まだまだ完全にあったまってない体が豚足スープを求めています。

いざ!

・・・感想としては、もうデタラメうまいです。さすが原汁専家です。

ここは基隆夜市にお越しの際は是非立ち寄ってください。後悔させません!

ちなみに青菜も美味しいですよ!

これにはカミさんも唸りましてようやく落ち着いたご様子。

良かった良かった。これで私の風邪も抜けてくれると良いのですが・・・。

国光客運

時間は19時。ちょっと早めですが、ホテルへ帰ります。

高速バスを利用して台北まで戻るのですが、基隆駅まで戻る必要があります。

基隆駅横の国光客運バスセンターへ向かいます。

f:id:xray-stardust:20190323141700j:plain

OMEGA!!!

f:id:xray-stardust:20190323141519j:plain

MICKEY!!????

f:id:xray-stardust:20190323161424j:plain

adidas!!!!

この時間、大量の爆竹を破裂させる行列がいましたが、あれはなんだったのでしょうか。兵器のレベルで爆竹を爆破させてました。そしてチンドン屋のような楽隊と舞の係りの人。夜市も普通の道路も炸裂音、そして道には大量のハッパの後。

よくわかりませんが、盛り上がったぞ!

f:id:xray-stardust:20190323141713j:plain

さて、基隆駅横の国光バスセンターです。バスセンターといっても建物はトイレくらいしかありません。

台北へ戻る場合はこちらの2番乗り場の前でお待ちください。

イケメンお兄さんがもの哀しそうな顔で見てくるバス。これに乗りますが、我々には懸念がひとつ。

そう、イスです。これは覚悟していましたよ。788号の恐怖がありますから。

しかし、フカフカのファブリックでした。ありがたや国光!

この光国公のおかげで台北に着く頃には服もバッグも乾ききったのでございます。さすが、越後のちりめん問屋さんは違いますな。悪く言えば水分を吸い取らせてしまったのかもしれません。が、まぁ懐は深い国光さんに感謝して台北駅へ到着です。

 

といったところで一件落着。ホテルへ帰り台湾ビールを飲んだのでした。

次回は猫空に飛んでいきます。Fly to the catsky。

高所恐怖症が茶のために4kmのロープウェイを我慢する絶景の旅。

 

本日もお付き合いくださりありがとうございました。

謝謝。また次回もよろしくお願いします。