屈折する星屑エセー

本職は医療従事者ですが雑記帳として綴ります。

クラブツーリズムで行く黒部立山アルペンルート②【二日目:白馬村〜黒部ダム〜黒部平】

本日も前回に続いてGW中の黒部立山旅行を振り返ります。

憧れの雪の大谷の景色に出会えるのでしょうか。

行程表です。

f:id:xray-stardust:20190507184109j:plain

 

【二日目】 7:00 ラフォーレ白馬 出発

まずはホテル・ラフォーレ白馬を出発します。

 スキースノボ客御用達のホテルではなくて旅館にしてほしいところですが、ツアー代金が安いので仕方ないのかもしれませんね。

こちらの現役添乗員ツベルクリンさんもご存知のホテル。

(ブクマありがとうございました)

www.tuberculin.net

今日は一日で6種類もの乗り物に乗車して長野から富山まで突っ切ります!!

 

f:id:xray-stardust:20190509165036p:plain

https://www.kurobe-dam.com/kankou/alpine_vehicle.html

立山黒部アルペンルートとは|観光情報|黒部ダムオフィシャルサイト

 

【二日目】 8:30 扇沢〜黒部ダム 関電トンネル電気バス

扇沢駅とチケット

f:id:xray-stardust:20190509144227j:plain
f:id:xray-stardust:20190509140825j:plain

この関電トンネル電気バスはつい昨年走行を終えたトロリーバスの後継機になります。

トロリーバスとは架線から電力の供給を受け走るバスのこと。2019年4月から電気バスに変わったということなのでまだデビューひと月の車両にお邪魔することになりました。

f:id:xray-stardust:20190509144817j:plain
f:id:xray-stardust:20190509144822j:plain

www.kurobe-dam.com

関電トンネルの見所はなんと言っても

破砕帯

でしょう。

破砕帯との戦いはNHKプロジェクトXでも映画・黒部の太陽でも涙無くして語られません。

破砕帯を簡単に引用します。

入口から1,691メートルの地点で毎秒660リットル(水深40メートルの水圧相当)もの地下水と大量の土砂が噴き出しました。これは破砕帯と呼ばれる、岩盤の中で岩が細かく割れ、地下水を溜め込んだ軟弱な地層のことで、掘削作業は暗礁に乗り上げました。
しかし、現場作業員は、決して諦めませんでした。持てる全ての知識と知恵・経験を結集し、距離わずか80メートルの破砕帯に対し、7ヶ月の苦闘の末に突破したのです

世紀の大工事~くろよん建設ヒストリー~|くろよんヒストリー|ブランド|関西電https://www.kepco.co.jp/brand/kuroyon_history/

80メートルの採掘に7ヵ月かかったというエピソードはどれほどの地下水が彼らに襲いかかったか筆舌し難いものがあります。

本当に頭が下がる思いです。

しかしその破砕帯ですが、トンネル内では一瞬で通り過ぎます。

だって80メートルですから。。

青いライトが点灯していますよ。

しっかり窓の外を凝視して見逃さないようにしましょう。

 

【二日目】 8:45 黒部ダム 標高1470 m

f:id:xray-stardust:20190509144655j:plain
f:id:xray-stardust:20190509144826j:plain

トンネルを抜けるとそこは黒部ダムです。

あのクロヨンです。

ダムの高さ 186m

ダムの長さ 492m

f:id:xray-stardust:20190509145354j:plain

 要塞チックなのシビれますねぇ。

かっこいい。

f:id:xray-stardust:20190509145046j:plain

f:id:xray-stardust:20190509145417j:plain

ダムです。全然水が貯まっておりません。

雪解けはこれからですね。

f:id:xray-stardust:20190509145739j:plain

空気が一層冷え込むのがわかります。

標高 約1500mはひんやりしています。

f:id:xray-stardust:20190509145449j:plain
f:id:xray-stardust:20190509145428j:plain

背筋も凍るダムの上からのぞいた写真です。

ちなみに上に貼り付けた関電電気バスチケットをレストハウスに持っていくとダムカードを渡してくれますよ。

日本の高度経済成長を支えた黒四ダム、171名の犠牲者に合掌。

f:id:xray-stardust:20190509145054j:plain

行きたくてたまらなかった黒部ダム。

天候はあんまりでしたが、巨大建築物が大好きな私としては最高のスポットです。

次は夏の放水時期に来てみたい。

 

【二日目】 9:45 黒部湖〜黒部平 黒部ケーブルカー

次はケーブルカーに乗って黒部平を目指します。

『日本でもここだけにしかない「全線地下式」のケーブルカー』ということみたいです。

f:id:xray-stardust:20190509151040j:plain

とてつもなく急傾斜なハコなんですけど!!
車両がナナメってる!!

f:id:xray-stardust:20190509151715j:plain

出発します。

途中ですれ違います。

f:id:xray-stardust:20190509151817j:plain
f:id:xray-stardust:20190509151821j:plain

水曜どうでしょうで洋ちゃんが冒険家のマネをしていたのを思い出しますね。

気を抜くなぁ!!

命を落とすぞーーー!!

なんてね。

 

【二日目】 10:00 黒部平 標高1828 m

ここまで来ると辺り一面雪景色。

まだ冬です。GWなんですが。大変寒くなっております。

f:id:xray-stardust:20190509152258j:plain

この寒空の下、無料で記念写真を延々と撮影してくれるお兄さんがいます。

ありがとうございました。

黒部平からの景色です。

f:id:xray-stardust:20190509152707j:plain

スイスに来たみたいですね、まるで。

行ったことはありませんが。

 

写真が多くなってきたので今回はここまでです。

お付き合いいただきありがとうございました。

実はちょうどこの記事がブログ開始100記事目なのですが、まぁいいやということで次回、室堂・雪の大谷に向かってさらに登っていきますよ!!