屈折する星屑エセー

本職は医療従事者ですが雑記帳として綴ります。

メシ食わせろ!台湾に行きたいわん!高所恐怖症が挑む空の旅【三日目:猫空ロープウェイ編】

ニイハオ。朋友!
スローペースで進んでおります台湾旅行記です。

この台湾旅行記は写真少なめ、文字多め!という人に優しくないスタイルで続けています。しかしながら遊びに来てくれる方が結構いらっしゃいまして本当に感謝です。おかげさまで当ブログ内での人気記事になっています。(人気といっても大した数字ではありませんが笑)来てくれるみなさんには長文を読ませてしまっていますが台湾旅行の際、記事の一部分でも参考になってくれれば幸いです。

 

前回は極寒バスで氷漬けの刑にあったものの基隆廟口夜市の豚足で生き返った二日目の夜を振り返りました。 

www.ladystardust.space

 おはようございます。本日の予定でございます。

三日目の予定:双集駅→MRT動物園駅→[猫空ロープウェイ]→猫空(茶館で昼食)→観光夜市

この日のメインイベントは猫空での台湾茶。台湾茶発祥の地・猫空で本場のお茶を頂きます。

 

さ、一日の始まりはもちろん豆乳から!

というわけでガイドブックにも掲載されている有名店へ。

現在9:40

世紀豆漿大王

f:id:xray-stardust:20190331111603j:plain

こちらのお店も最寄りの双集駅すぐ近く。本日は朝市をスルーしましてカミさんの目的の一つである鹹豆漿をいただきます。

日曜だからでしょうか、地元の人に混ざって観光客(主に日本人)もたくさん。さすが人気店。

f:id:xray-stardust:20190331111707j:plain

注文カウンターも行列です。カウンターで注文して受け取って席に着く流れです。

この間にメニューを渡されて吟味します。

f:id:xray-stardust:20190331111737j:plain

日本語でも紹介が書いてあるので大変親切です。

が!回転早い!!

メニュー最後まで見れないうちに自分たちの順番が来てるじゃないですか!もうワタワタして頼んだのがこちら。

f:id:xray-stardust:20190331112141j:plain

鹹豆漿 30元(約105円)

おそらく卵焼き餅 20元(約70円) 

漿大王ですが、もうこれ大王と言っても良いです。

ちょい辛な豆乳スープと揚げパンが絶妙に絡み合って舌の上で溶けていきます。こりゃ人気店になりますね。納得。

前日のお店とはまた違う味ですが、どちらも美味しいです。店内も席はそれほどありません。あの人達はどこへ?地元の人はテイクアウトがデフォのようです。平日の早朝はごった返しそうですが、通勤ラッシュを外すと比較的マシかもしれませんね。

f:id:xray-stardust:20190331112450j:plain

冷たい豆乳 20元

こちらも絶品の様子。ぜひご賞味ください。

そして大王に空腹中枢を刺激された私はこれでおさまるはずもなく、朝食ハシゴを決めたのであります。

ちなみにカミさんは今日も魯肉飯(ルーローファン)を探しております笑

牛肉麺

近所をウロウロして見つけたこちらのお店。チェーン店なのかな?

肉がたっぷり入った麺のセットがウリのようですが、単品をいくつか注文します。

f:id:xray-stardust:20190331112840j:plain
f:id:xray-stardust:20190331112828j:plain

胡麻餅 30元(約105円)

牛肉巻き餅 60元(約210円)

よし、胃袋もかなり落ち着いたので動物園へ出発です。動物園には用事はなくそこから出ているロープウェイに乗るためです。

MRT動物園駅へ(taipei zoo)

f:id:xray-stardust:20190224203257j:plain

台湾の地下鉄(MRT)の乗り方。最新の路線図をチェック|エアトリ(旧 DeNAトラベル)https://www.skygate.co.jp/tour/taiwan/subway.html

1030MRT象山行きに乗り大安駅へ

大安駅にて文湖線に乗り換えて動物園駅まで。

f:id:xray-stardust:20190331112947j:plain

極度乾燥(しなさい)

ただの乾燥では全然足りないということでしょうか。極限まで乾かす。そしてそれを諭すかのようにカッコ()をつける優しさ。

メンテナンスはお母さん目線なのかもしれません。

台湾では英語だけではなく平仮名もカッコいい!ということでしょう。これは旅行中時々感じましたね。

このリュクを見た瞬間、地元の友人が米軍基地近くでHEMPなんとかってプリントしたTシャツ着ていたら外国人に絡まれたのを思い出しました。

 

それはまぁいいとして、文湖線は加速が速い!!急発進に注意してください。

f:id:xray-stardust:20190331113548j:plain
f:id:xray-stardust:20190331113544j:plain

郊外へどんどん向かいます。景色も自然が多くなってきます。

11時過ぎ動物園駅に到着

 

f:id:xray-stardust:20190331113624j:plain

一休さんが乗ったベンツがお出迎えです。なぜベンツに一休さんをペイントするのか!!小坊主 is cool!!

今回の台湾旅行では疑問があって(もちろん一休さんではなく笑)このベンツもそうなんですが台湾には高級車が多いこと。動物園前は高級車がバンバン走ります。郊外に富裕層が固まっているのか、富裕層が娯楽や家族サービスで来ているのか。

しかし確実に数年前台湾に来た時よりも街中での車種がグレードアップしている。ポルシェベンツアウディレクサスなどなど。台湾では国民所得が上がっているのでしょうか、もしくは貧富の格差が広がったのか。わずか数年での社会変化は不思議だわ。

猫空ロープウェイ

混んでおります。猫空ロープウェイ動物園駅です。

f:id:xray-stardust:20190331113711j:plain
f:id:xray-stardust:20190331113733j:plain

三重県にある御在所ロープウェイと協定を結んでいるらしいですね。

では猫空ロープウェイの紹介です。


「猫空ロープウェイ」はフランスの「POMA」というロープウェイシステムを導入しています。
行程全長4,033mの中に、「動物園」駅(海抜24.1m)、「動物園内」駅(95.5m)、「指南宮」駅(264.3m)、「猫空」駅(299.3m)の4つの下車駅があります。動物園駅と猫空駅の海抜高度の差は275.2mにもなります。
また、特徴的なのが、ロープウェイが通るルートがL字型になっている、という点。普通は山を越えながら一直線で進むイメージですが、そうではないため、急激な角度変化に対応するよう、途中下車できない駅を2つ通過するんです。
動物園駅から猫空駅までの乗車時間は20~30分、速度は3~5m/秒。ひとつのキャビンには8名まで乗車可能です。車イスやベビーカーもOKです。

猫空ロープウェイ | 台湾観光-台北ナビ

いや、距離長くね!?そして標高結構あるぞこれ。

果たして高所恐怖症のカミさんはたえられるのか!?

 1140 ロープウェイ動物園駅発 

f:id:xray-stardust:20190331114127j:plain

この上の歯車のようなのがグルン!と回って降りてきた箱を登りに転換させます。これが日本のロープウェイと違う仕組みですね。コース途中の直角に近い方向転換もこの歯車が活躍します。が、回るときの勢いがすごい。かなりの揺れですので怖い人は苦手かも。

f:id:xray-stardust:20190331114305p:plain

猫空ロープウェイ | 台湾観光-台北ナビ

台北が遠くに見える景色はいいですよ。曇っていたのが残念でしたが。

車内では若いベトナム人女性グループと一緒でした。彼女たちがスマホ自撮りで母国の友人に中継するもんだから我々は映りまくりです。

しっかりカメラ目線で笑っておきました。

そのうち一人が高所恐怖症の様子。うちのカミさんと怖がるタイミングが同じだったのが共感できて良かったのかも。

猫空(マオコン)

12:07猫空着

f:id:xray-stardust:20190331114517j:plain
f:id:xray-stardust:20190331114535j:plain

30分の空の旅も無事終了です。地に足を付けたいカミさんといそいそとロープウェイを降り茶館を探します。

猫空って名前がいいですね、なんかかわいい。しかし猫はいません。

さて、事前情報によると猫空は週末になると台北の若者たちが押し寄せ、一晩中茶を飲みながら朝まで語り尽くすホットスポットのようですが・・・

f:id:xray-stardust:20190331114654j:plain いくつか屋台や茶館がありますが、歩きます。

高原の舗装した道路をテクテクします。

f:id:xray-stardust:20190331114653j:plain

ツツジが咲いています。2月ですが台湾は春ですね。

f:id:xray-stardust:20190331114840j:plain

え、若者どこ!?すれ違うのは登山スタイルのおじさまおばさま方。私たちハイキング

に来たのでしょうか。

 

f:id:xray-stardust:20190331114846j:plain

さすが高原。寒いですが前日の反省から防寒対策はしっかりしております。

もうね、テクテクして面白いことも何もないので道中の写真たくさん載せておきます。 

f:id:xray-stardust:20190331114704j:plain

茶館から茶館の距離が遠い。猫空を堪能するには周遊バスやタクシーが必要だと思いました。

f:id:xray-stardust:20190331115101j:plain

この写真はなんか台湾っぽいですね。千と千尋とハウルを一緒にしたような雰囲気。

こう見ると猫空はかなりの標高です。

 

猫空駅から約1.6kmで目的の茶館にようやく到着です。いや、結構歩くやん!という印象。

もうおら座りたいズラ。

台湾茶飲みたいズラ。

ダラっとしたいズラ。

と銭ゲバ口調になったので今回は終わります。

 

次回、猫空・邀月茶坊編です。

朝ごはん食べてロープウェイに乗って歩いただけの記事でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。謝謝。