屈折する星屑エセー

本職は医療従事者ですが雑記帳として綴ります。

持つべきか持たざるべきか。フルマラソンまであと半年!

前回はこのような記事を書きました。

マラソンネタつづきです。

www.ladystardust.space

この記事を書いて、というかエントリーしてもう1ヶ月近くも経つのですね。

この間マラソンに向けて練習したかと問われると

 

何もしておりません。

 

完全にフルマラソンを舐めきってますね。

いやだって42キロですよ。

高校のマラソン大会以来、17年ほど100m以上“走る”という行為をして来なかったわけで。むしろ普通の大学生社会人生活をしていたら走る必要ないですよね。

うんこもらしそうで走ることはありますけど100mも走ってしまったらどこかで漏れてますね、きっと。

 

そんな人生を送ってきて突然42キロ走れと言われたってピンと来ません。

3キロでも走れるかわからないのに40キロってあんた。

 

住宅ローンの融資5000万円で出しときますねって最近言われたのと同じくらい途方も無い数字です。5000円どころか500円しか持ち歩かない日もあるのにそんなお金どこにあるのって具合と非常に似ています。

 

しかしエントリーしてしまったものは仕方がない。

えいや!!っとシューズだけ買いました。

asics 約8000円

f:id:xray-stardust:20190511083454j:plain

カッコいいでしょ。

もっと安くて探していたんですけどスポーツショップに行かずにABCマートに行ったのでそこまで種類が揃ってなくて結局価格とデザインのバランスのとれたこちらにしました。

国産にこだわりたかったのもありますね。

 

さてここでタイトルの持つべきか、持たざるべきかについて。

簡潔にいうならカネをかけるか否か。

形から入っちゃうか否か。

私の界隈ではこのことを“こっち側”と“あっち側”と呼びます。

当然、こっち側というのはカネをかけない派にあたります。

高めのランニングシューズ、高機能ウォッチ、ランニング用のインナー、リュックなどなど。こういうものを揃え始めると“あっち側”認定されてしまうのです。

そこには

 

裸一貫で走らんかい!!

 

という精神性があるのです。

走るだけであれば他のスポーツと異なり裸でもできるからですね。

もっとも社会的に素っ裸では無理ですが、ランニングは最低限Tシャツと短パンだけで行えるスポーツといえます。

 

数ヶ月前NHKの番組で見たのですが、走るという行為は人間の進化の過程で獲得してきた人間が人間たる由縁といえるらしいです。

狩猟生活を行う人間は進化により走行距離を伸ばすことによって逃げる動物たちをとことんまで追い詰めやすくなったというものでした。人間が長距離を走る肉体を獲得することで命を繋げてきたという事実。

 

私たちがここまで深い意味を考えて“こっち側”としているのかは定かではありませんが、とにかくシンプルに走りたいという思想があるのは確かです。

まぁ8000円のランニングシューズでも眉をひそめられましたけどフツーより安い方ですよね!!?

でも手ぶらで走るのも心もとない。緊急事態に備えてスマホは持っておきたい。そしてちょっとした小銭&カード入れも喉が乾いたらポカリ買いたい。日に焼けるかもしれないからサンバイザーはほしい。Tシャツはビチョビチョになりそうだから吸水発汗性のインナーも必要ですね。あと心拍数とか距離とかペースタイムがわかる腕時計もいる・・・

って既に

 

あっち側の人間だよ!!

 

という声が聞こえてきそうです。

いやー、形だけ揃えて走りとうない!走りとうないんじゃよー!!

 

というわけでみなさま良い休日をお過ごしくださいませ。

GW明けたと思ったらまた休みですね。