屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

梅雨入りまでよくガンバったね、アイコ様。ミニトマト大量。

ようやく西日本にも梅雨がやってきました。

九州北部から近畿 最も遅い梅雨入りの発表

気象庁は、6月26日、九州北部と四国、中国、近畿が「梅雨入りしたとみられる」と発表しました。

九州北部は平年より21日遅く(昨年より21日遅く)、統計が残る1951年以降で最も遅い記録になります。これまで、一番遅い梅雨入りは、1967年6月22日でした。

四国は平年より21日遅い(昨年より21日遅い)発表で、梅雨入りを特定しなかった1963年(東京オリンピック前年)を除いて、最も遅い記録です。

中国地方も平年より19日遅い(昨年より21日遅い)発表で、最も遅い記録です。これまで、一番遅い梅雨入りは、1968年6月24日でした。

近畿は平年より19日遅い(昨年より21日遅い)発表で、梅雨入りを特定しなかった1963年(東京オリンピック前年)を除いて、最も遅い記録です。

あすにかけて、梅雨前線の活動が活発になるため、梅雨入り早々、大雨になる恐れがあります。土砂災害や低地の浸水など注意が必要です。

 https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/06/26/4833.html

本当に雨を待ちくたびれました。

ダムはひからびており、連日NHKでは節水を呼びかけていました。

 

待ちに待ったようやくの雨です。

f:id:xray-stardust:20190626192407j:plain

Photo by Mike Kotsch on Unsplash

 

上のニュースにもあったように、例年より20日も遅いのは異常ですね。

しかし毎年異常気象と報道されるので、もはや梅雨が遅いくらい平常なのかもしれません。

ですが西日本の民は雨を待ちくたびれました。

住民にとっては「異常」では片づけられません。日常生活に支障をきたしますから。

その点、湧水が豊富にある積雪量の多い地域はうらやましい。

帰宅途中はずぶぬれになりましたが、これくらい全然我慢できるからもっと降ってくれ!という心境でした。

 

ただ空梅雨の晴天の日々はジメジメした不快指数MAXの日本の夏ではなく、カリフォルニアの夏を思い出させてくれました。

そう、あれは何年も前になるかな。

西海岸でサーフィンをしていた頃、そこでアメリカ人女性と恋に落ちたあの夏。

ビーチボーイズが好きと彼女が言うもんだから、僕は加山雄三が好きだと言って「夜空の星」を歌って聞かせたあの晩。

言葉の壁なんていらない。

そして二人は夜のとばりへと消えていったのです・・・

などとくだらないことを書いていましたら足の裏を蚊に刺されました。

ハワイどころか本土にも上陸したことがありません。すみません。

今月の気候はカリフォルニアの夏ってこんな感じなのかなーという湿度のないカラっとした夏を疑似体験できたようで貴重でした。それが言いたかっただけなのである。

 

では本題です。

表題のアイコ様は敬宮愛子さまではなく、ミニトマトの品種です。

自宅の箱庭で育てているプランター野菜が想像以上に豊作で驚いております。

ミニトマトがあふれ始めました。

サントリー ガンバ

f:id:xray-stardust:20190626191040j:plain

支柱に収まりきらず新天地に種を撒こうとしております。

そこで実になっても下はコンクリだから世代は繋げないよ・・・。

 

アイコトマト

f:id:xray-stardust:20190626191046j:plain

た、たわわ。

そして豊作。

ちょっと写真をひいて上の段も見てみます。

f:id:xray-stardust:20190626191050j:plain

ランボーがマガジンと間違えて両肩からかけていてもおかしくないほどの弾数。

こぼれ落ちそう!!

 

ガンバは以前もお伝えした通り、大変甘いです。

ミニトマトの酸っぱい感じがまったくありません。お子様にもすすめられます。

 

そして今回初挑戦のアイコトマトです。

細長いし、たくさんなってるし、粒たくさんだし、味はイマイチじゃないの??

なんて思っていたわたくし

アイコ様、すみませんでした!

たいへんおいしゅうございます。

感動いたしました。

 

育て方

何も特別なことはしていません。

ホームセンターでイキのいい苗を買って、プランターに植えただけです。

  • 60cmのプランターに2つポンポンと埋める。
  • 土はホームセンターで野菜用のを使用。
  • 日当たりのよいところに置き、表面が乾いたら水やり。
  • 待つ
  • 花が咲く。愛でる。
  • 青い実がつき始める。応援する。
  • 赤くなる。
  • ちぎって弁当に入れる。
  • 食べる。
  • 感謝する。

以上が工程となっております。

 

品種改良はここまで来たのかという印象です。私のようなてきとー人間でもこんなに実をつけてくれますからね。虫にも病気にも強くしっかり育つ。

ゲノム編集とかなったらどうなるのだろう。

 

プランターと土と苗と水と太陽があればグングン育ちますので、みなさまも気軽に育ててみてください。

畑はいりません。賃貸マンションでも大丈夫。

場所を選ばないのが良いところですね。

f:id:xray-stardust:20190626201108j:plain

サントリーガンバ 収穫累計 18個

アイコトマト 収穫累計 4個