屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

私がジムをやめた理由。退会するのは恥ずかしくない!

今日もどこかで筋肉痛。明日もどこかで筋肉痛。

毎日体のどこでもいいので筋肉痛が無いと寂しい思いをしております星の屑です。

 はじめに

こんなことをいうと読者のみなさんは全身ムキムキマッチョメンを想像するかもしれませんが、私は全然マッチョではないのです。

むしろ逆です。どちらかというとガリってまして、筋肉への強いそれは強い憧れからジム通いを始めたのです。それは彼と同じ出発点を意味しています。

 

オ、オクレ兄さん!!!

 

そう、(元)ダビデ二中のエースと同じくマ神(マッスルの神)を降臨させたいのですが自分の筋トレメニューだけではどうも心もとない。しかしジムに行けばなんとかなるかもしれない。これマ神ね↓

f:id:xray-stardust:20190305204941j:plain

うすた京介「すごいよマサルさん」より

だってマ神ならぬ、マシーンがあるからね!キュピーン☆

と光明を見出した私は2018年初夏に入会手続きを完了したのであります。

この夏こそはおれの二の腕にひれ伏すがよい街ゆくギャルよ!!

とまぁそこまではいかずとも、ポロシャツを着て自分が恥ずかしくない径まで腕を太くしたい。そんなささやかな願いを込めてジムデビューを果たしのであります。

 

しかし半年も経たずして退会。

そこで今回はなぜ退会しようと思ったかを整理したいと思います。

って退会記事の前にジム入会の記事を書けよと思われるでしょう。ごもっともな指摘です。私もそう思いますがジム入会のメリットについては素晴らしい記事が山ほどありますので他の方のブログもしくはyoutubeを参照くださいませ。

 私がジムをやめた理由

私の退会した理由ですので、みなさんには当てはまらない部分もあるかと思いますがしばしお付き合いのほどを。そしてジムをやめたいなぁと思っているけどやめられない人の背中を後押しできれば幸いです。

て当ブログは読者様の健康増進がひとつの柱だったはず。コンセプトと矛盾しないのと思われるかもしれませんがその点は普段の意識の高さで乗り切っていきましょう。うむ、だいぶ無責任。

ランニングマシンは使わない

ジムを利用する方の多くは持久力を鍛えると同時に心肺機能強化やカロリー消費を目的にしていることと思います。そのためプールやランニングマシンを利用する方がほとんどですね。

私の場合は筋肉をつけたいのであって持久力は特に欲してませんでした。さらに現体重からカロリーを過剰に消費してしまうと残るのは骨になりそうで、ジム通いを機に筋肉増強のためにエネルギーやらたんぱく質やらむしろ貯蓄する方向に転換しました。ジムに行って骨皮君になるってそれ逆行してるよね。

それゆえランニングマシンを一度も使いませんでした。なんとジムのメリットの半分はすでに入会時から存在していなかったのです。

仮に、もし走るなら外を走ろうと決意。男だし夜走っても痴漢に遭遇する可能性はないでしょう。

今秋のフルマラソンにパワハラ的に出場させられそうなのにもかかわらずランニングマシンを切り捨てる私・・・。大丈夫か??うん、きっと大丈夫!やればできる子!

 

筋肉体操で充分じゃん

以前も記事に書きましたが、NHKの筋肉体操は衝撃でした。たった5分に満たないトレーニングで私の肉体はヘコヘコ。谷本先生にご指導いただいた筋肉体操ですがジムで鍛えたところと同じ場所が筋肉痛になったことから自重トレーニングの有効性を身を持って体験しました。これを受けて

ジムのマシンは必要なくね?

となるのも時間の問題でした。筋肉体操に加えて腹筋のコロコロ(アブローラー)を自重トレのメニューに入れてあげれば腕・足・背中・腹筋がバキバキになること間違いなし!

もちろんジムのマシンが効率的なのは言うまでもありませんが、自宅でも工夫次第で代替できるとの発見は大きかったです。

www.ladystardust.space

雨の日がめんどくさい

通勤手段に自転車を使っているのですが、勤務後にジムへ直行していました。それだと雨の日が大変。カッパを脱いだり着たり雨にぬれたり汗でむれたりとちょっとしたストレスが積み重なりまして「雨の日はいいやろ」という言い訳を使うようになっていました。

こんなんじゃ雨の多い週はトレーニングできないじゃないか!!

と自分の心の弱さを空を覆う雲のせいにする梅雨の日々。

じゃ車で行けば?とはなるわけがありません。一度家に帰って着替えてジムに行くために車を出す。そんな馬鹿な。楽しいことが待っているなら全然いいですよ、身なり整えて車出すくらい。だって目的地がジムですからね、自分を痛めつけるために行くんですよ。そこまでやる気が起きませんよね。私も人間です。弱きに流れさせてください。

市営ジムの毎回払いがコスパ良し

以上のような理由をあれこれつけて行かない日が増えていきました。しかしどうしても計算してしまいます。

月何回行けば元が取れるか。

元が取れる取れないは何と比較するのでしょうか。それは自治体が運営する公共のジムです。当然、民間のジムの方がマシンやトレーナーさんは充実しているでしょう。しかし私のようなライトユーザーであれば行き放題の定額ジムよりそのとき払いのジムの方が安くつくように思えてきたのです。雨の日もあれば残業の日もあります。そして土日はゆっくりしたいとなると元が取れない月も出てきますよね。それがわかったときのもったいなさ。

町のジムの方が安くついたな、と後悔するのが嫌だったんです。

になみに私の自治体は300円くらいで利用できます。

節約(財布と心)

ジムは高いですよね。月額1万円ほどの施設が平均値でしょうか。だとしたら元を取る発想でいけば自治体ジムに20〜30回は月に行かなければなりません。ほぼ毎日ですが、これは無理でしょう。これを満たさないと「ソンした!」と思うなら

ジムをやめちゃえばいいんです。

精神的にも楽になりますし、財布的にも余裕が出ます。

私の通っていたジムは3000円/月と破格でしたが、これでも「行かなければ!」というプレッシャーと「勿体無かったー」という後悔からは解放されました。

そしてその浮いた3000円で筋トレグッズを買いそろえたり、プロテインに使ったりと自宅でのトレーニング環境を充実させる方が良いと思います。

まとめ

以上が私がジムをやめた理由です。しかし、退会するうえでもっとも大事なことは

トレーニング量を減らさない

これが大原則です。でないとメタボにあっという間に逆戻りですからね。

しんどいという理由だけでジムに行かなくなるくらいであれば、無理してジムに通い続ける方が生活習慣病からは距離を置けると思います。上記のプレッシャーのためにジムに行けば何かしら運動せざるを得ないからです。

あくまでジムでできるトレーニングを自宅でやるというのであって、完全に運動や筋トレを放棄するということではありません。

ただ誤解の無いように申し上げますと、ジムに通い始めて

おっぱいが大きくなりました。

豊胸のアフィリエイトでもなんでも無いのですが、胸にシリコンではなく努力で包まれたタンパク質を詰めることによって“微”厚い胸板を手に入れたのです。これはジムに通わなければ実感できませんでしたね。

今後は自宅でいかにバストを維持していくかが問題になります。そしてシックスパッドも。これからも日々、筋肉痛に耐えたいと思います。

 

以上が私がジムをやめた理由です。

トレーナーさんをつけていたりハードなスケジュールをこなしたりメタボ解消に運動が義務付けられていたり、とジムが毎日の生活の一部になっている人には向いていない記事になりましたが、私のようなライトユーザー(筋トレのみ)には一考の価値があるのではないでしょうか。

 

筋肉は止まらない

 

今日も読んでいただきありがとうございました。