屈折する星屑エセー

本職は医療従事者ですが雑記帳として綴ります。

四次元ポケット的アマゾンを捨てる。のび太と私とデビットカード考。

はてなペイも誕生するか??

流行りのペイ

特に最近「~ペイ」と頻繁に耳にするようになりました。

ペイペイ、アップルペイ、LINEペイ・・・なんでもペイを付ければいい風潮がにわかに日本全土を席巻しています。

背景には政府が慌ててキャッシュレス決済を日本に普及させようという魂胆があるのですが、かなりの出遅れ感がありますね。普及率は中国や韓国に後塵を拝し、日本の小売業界ではアリババ集団による黒船(元寇?とも違うかな)アリペイが襲来。既に浸透しています。

東京五輪に向け中国・韓国・欧米からの観光客を念頭に利便性の高いキャッシュレスで元ウォン、ドルを落としてもらおうという思惑もわかります。

日本のキャッシュレスが普及しない理由は裏を返せばそれだけ日本の貨幣が信頼できる証拠にもなりますし、現金を持ち歩いても安全な国との証明にもなりますね。

よくわからんペイ

私の身近な友人たちは現金派が多数ですね。その理由としてキャッシュレス決済の種類があまりに多すぎて使い方がよくわかってないものと思われます。

f:id:xray-stardust:20190223142233j:plain

私自身、キャッシュレス決済に使用できるカードを何種類か持っていますが駆使できてはいませんね。交通系、百貨店系、通信事業者系、国際ブランドVISAJCBなど。

ワオーン!

私自身もレジでのキャッシュレス決済はwaonカードです。

ですがwaonカード一本でいく気はありません。なぜなら

  • プリペイドがめんどくさい(レジでやってもらうとチャージ後に清算の二度手間)
  • セブンイレブンは使えない
  • 加盟店を覚えてないからイオンとローソン、ファミマ以外は現金払い

といった設備投資が追い付いてない問題や加盟店問題がありますからね。

他のキャッシュレス決済も不便な点は多かれ少なかれあるのではないでしょうか。

仮に他社発行のなにかしらカードを持ったとしてもうまく使い分けられる自信はありません。

別のサイトからお借りしてきましたがこれだけあったら混沌です。

f:id:xray-stardust:20190223141850p:plain

国内キャッシュレス決済の現状をまとめたカオスマップが登場 | TechCrunch Japa

https://jp.techcrunch.com/2019/01/07/cashless-caosmap/ 

ところで、かつていたクラスメイトにアリペーというのがいましたが途中で消えていきました。アリペーさん、元気でやっていますか??

デビットカードにしようかな

政府のキャッシュレス政策

昨年2018年末、安倍首相がとつぜんキャッシュレス決済で5%還元すると発表しましたよね。国民は寝耳に水状態でした。むろん私も驚きました。

安倍晋三首相は22日、2019年10月に予定する消費増税への経済対策として、クレジットカードなどを使ってキャッシュレス決済した際に5%のポイント還元を検討する考えを表明した。増税から20年夏の東京五輪前までの9カ月間実施する。2%の増税幅を超える負担軽減によって、増税後の景気を下支えする狙いだ。 

消費増税対策、還元ポイントは5% 9カ月間で検討 :日本経済新聞 2018/11/22

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38070780S8A121C1000000/

5%って増税分の2%以上の還元率ですよ。相殺を通り越し3%もさらに割引になります。

もう現金なんか捨てちゃらんかい!

キャッシュレスで決済しちゃるわい!

クレジットカードでやっちゃれやっちゃれ!

という菅原文太の声が聞こえてきた私は実家に帰っても父と母にクレジットで買い物するように説いたのです。

アマゾンと四次元ポケットとのび太と私

ですが、クレジットカード払いには心理的な罠がありますよね。

現金が見えない、というシークレットモード決済がそれです。やはり目の前でお金のやりとりが見えないと支払う実感が湧きません。

私もゾンアマなどで注文するときにクレカを利用しますが、ポチれば荷物が勝手に届きます。まるで四次元ポケット的感覚です。のび太がドラえもんに頼むのと一緒ですね。その陰でドラちゃんが未来ガジェットの支払いをしていることは全く意識されませんよね。そのため、お金が減るという実感なく欲しいものがポンポン手に入る錯覚に陥ります。

これで喜ぶのは誰ですか。

ジェフベゾフ一家とクレジット会社です。

未来への借金をやめる

クレジットカードは各社ポイント還元率や様々なサービスで競い合っています。クレカ払いをすることでモノはすぐ届く、さらにポイントも貯まるとなればお得感増大効果が生まれます。

私もそうです。なんでもかんでも支払いをクレカにしてポイントが貯まるのをニヤニヤ眺めるのが楽しい時期もありました。ですが、代償は付きものです。

未来への借金。

私は未来の自分にカネを借りて微々たるポイントが付くのを喜んでいたのです。支払月にカツカツになることも頭をかすめるのですが

「なんとかなるじゃろ」

という楽観的思考のため苦しい思いをしたことは一度や二度ではありません。

結局、

「なんとかならんじゃろ」

となって赤字の月はリボルビング払いに変更したこともあります。これこそ本末転倒です、アホです。ポイント乞食になりさがったために、ポイント還元率どころの比ではないリボ払い利息の支払いで損失を出しているのですから。

自分に甘えない

キャッシュレス決済浸透での問題点の一つとして挙げられるのがまさに私と同じ「買いすぎ」による生計自縛です。その物欲を叶えるための心理的根拠は

未来への甘え

です。クレカによる爆買いのからくりは決済日と口座引き落とし日のズレにあると認識した私はクレカでの支払いをやめようと強く決心しました。

「え、そこ!購買意欲を抑えろよ!」

と思った方、ご安心を。クレカ払いをやめたことによる意識の変化は確かにありましたね。また記事にします。

クレカに替わる決済方法

代金引換払いは小銭の用意とか配達員を家でソワソワ待機とか面倒くさいし、コンビニ払いもわざわざ行くのがめんどくさい。

そこで①未来の自分に甘えずかつ②現在の自分自身と向き合える決済方法はないかと考えた結果たどり着いたのがデビットカードだったのです。

デビットカードとは

決済の瞬間に自分の口座から即座に金額が引かれるキャッシュレス決済機能を備えたカードのことです。

次回予告

記事が長くなりましたのでこの辺りで。

クレジットカードからデビットに支払方法を変えた私、購買意欲に変化があったのか?

次回はこんなテーマで書きたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。