屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

私の船釣り必需品リスト。初心者向け。海に行こう!沖へ出よう!

夏は海、晴れの頃はさらなり。

波もなほ、カモメ飛びちがいたる。

 

先日船釣りに行きました。

f:id:xray-stardust:20190725213252j:plain

Photo by Mohammad Aqhib on Unsplash

この釣行は趣味というより学生時代の友人たちとの遊びでやっているので同窓会(そのうち生存確認になるかもしれません)の意味合いが強いです。

今年は2回目の開催でしたが昨年よりも船釣りの要領は分かったもののまだまだ準備不足は否めませんでした。

そこで来年に備えて忘れないうちに準備リストをまとめたいと思います。

ですが船に持ち込めるものは限られています。

そのため、あくまで必要最低限。これさえあれば船上で困らないものをピックアップ。

(海釣りにまるで興味のない方、今後も一切するつもりのない人はこの記事はすっ飛ばしてください)

はい、では行ってみよう!!

 

 

夏の船釣り準備リスト(必要最小限)

注)釣具は全てレンタルですので竿リール仕掛けエサ等は記載しておりません。魚種も問いません。

青字は絶対必要の所持品です。黒字はあると尚いいかなというもの。

★マークは船に持ち込んでほしいもの。無印は車の中に置いといていいもの。

  • 多めの水分および軽食★
  • 酔い止め★
  • 帽子★
  • 日焼け止め★
  • リップクリーム★
  • サングラス★
  • レインウェア★
  • タオル★
  • クーラーボックス★
  • クロックス★ (解説①)
  • プライヤー★ (解説②)
  • 防水ケース★ (解説③)
  • 着替え    (解説④)
  • でかいビニール袋 (解説⑤)
  • でかいバスタオル (解説⑥)
  • 小さめのバッグ★ (解説⑦)
  • 寝袋       (解説⑧)
  • ライフジャケット★(解説⑨)

 

解説編

①クロックス

クロックスとしましたが、ビーサンでも長靴でも構いません。足元が濡れても平気なもの。

船の上といえど雨は降り注ぎますし、船のデッキ(足元の床の部分)はホースで水をザーザー流しています。バケツに水を溜めたり、オキアミや魚で汚れた手を洗ったりと何かと足に水は浴びてしまいます。

初年度はコンバースで乗り込みましたがグシャグシャで帰りの車では不快指数MAXでした。

②プライヤー

プライヤーとは魚釣り用のラジオペンチみたいなもの。針や仕掛けの具合を直したり、魚にガッツリ針が刺さっていた時など取り外すのに便利。

③防水ケース

第一にお金を水から守るためです。100均のチャック付きプラケースで充分。もちろんポケットに入るサイズ。これはお札が雨で濡れるのを防ぐためなのですが、他にもメリットがあります。

財布を船に持ち込まなくて済むということ。船の上ですから万が一を想定しなければいけません。防水という意味もありますが、防犯にも役立ちます。同じ船に乗るのは友人だけではありません。見ず知らずの人も沖に出ますので目の届かないところ(つまり水で濡れない船内)に財布の入ったバッグごと置くのは危険です。

仮に紛失してお互い嫌な気持ちになるくらいなら、失くして困るものはそもそも持ち込まない。これが大前提です。札だけにするとかICカードに集約させるとかですね。

クレジットカードは家に置いておいてください。海の男にカード決済は無用ですので。

 

④着替え

天候次第では全身濡れますのでサッパリして帰りたいなら一式用意してください。

濡れた服のまま車に乗るとか鬼畜的所業はやらないでください。

 

⑤でかいビニール袋

何かとあると便利なビニール袋。陸に上がって潮で汚れたクーラーボックスを丸ごと包んでトランクに入れたり、ずぶ濡れの着替えをぶち込んだり。むちゃくちゃ大きめが使い勝手いいですね。

 

⑥でかいバスタオル

体を拭いたり隠したり。車に乗る前に船着き場で着替える時に役に立ちます。

男なら前さえこれで隠しちゃえば着替えができて全身サッパリ。

 

⑦小さめのバッグ

やはり釣り用のウエストバッグ、ショルダーバッグがあると便利でしょう。タウンユースの普通のものでも大丈夫。携帯や日焼け止め、酔い止めなどいつでもすぐ取り出せるように肌身離さず付けられるもの。

身の回りのものはできればこのバッグひとつだけで乗船したい。

⑧寝袋

What's!??? 船上で星を見ながら夜釣りかよ!!

いいえ、違います。

おっさんの汗とよだれとその他諸々から自分を守る最強のバリア、それがシュラフこと寝袋。

言っている意味がわからないと思いますが、大概の遊漁船は船宿を持っています。前日からそこに泊まって、早朝に宿から船着き場まで移動して乗船という流れになっています。もう言わんとすることはわかりますね。

船宿でこれまで数多のおっさんを抱擁してきた煎餅布団。その布団を敷かなければならないのですが、どこぞのおっさんが寝た布団は眠れるもんではありません。もちろん清潔にしてくれているとは思いますが、軽く加齢臭が漂えば完徹したくなるほどです。

快適に睡眠をとり、翌日の釣りに備えるためには自前の寝袋が必要だと思いました。ついでにマットもあればさらにGOOD!

今考えつきましたが、おっさんずラブ的女子は船宿の押入れで一晩過ごすと良い。

⑨ライフジャケット

これもあればいいかなという具合。船に常備されていますので、より動きやすいとかお気に入りのタイプがあれば持ち込みましょう。

余談 クーラーボックス

クーラーボックスこれは絶対。他のものはもう何もいらない。ひとつだけ持って行くならクーラーボックス!!

というくらい船釣りに超マストアイテムのクーラーボックスですが、これはまだお持ちでない方は思いきって高いものを買うのをオススメします。

今後の人生、クーラーボックスの出番は意外と多い。釣り、キャンプ、運動会などなど大活躍間違いなしなので一生物としてハイエンドクラスをひとつ持っておくと末長く役に立ってくれると思います。

まとめ

まとめも何もないのですが、戦場は船上です。準備は万端に。そして最小限に。

今年も大漁旗が見えるなぁ。

海釣り初心者の方、私も初心者ですが参考になれば幸いです。

 

海よ〜俺のう〜みよ〜〜