屈折する星屑エセー

世はさだめなきこそ いみじけれ

メシ食わせろ!台湾に行きたいわん!【初日:士林夜市臭豆腐チャレンジ編】

台湾旅行編つづきですよ。朋友!謝謝!

前回は士林夜市の手前でカミさんが念願の本場タピオカミルクティーを買って、チューチュー吸いながら夜市入口まで到着したところまででした。

www.ladystardust.space

 ちなみにこのお店です。チェーン店ですので台北市内でも飲めます。

www.tripadvisor.jp

今日はキングオブ夜市潜入編です。

士林夜市関所

台湾初日:19時くらい

夜市入口からキングの風格です。

士林夜市のエビ釣りといえば超一級のエンターテイメントでしょう。

このエビ釣り店の親子?夫婦?が士林の門をくぐらせてくれるか旅人を見定めます。

門番ではありません。王様です。

だって服にKINGって書いてあるし。

しかもオーセンティック(訳:本物の)って追記していますから。

f:id:xray-stardust:20190225201638j:plain

この2人がお客さんに集中しているすきにサッと門を通り抜けます。(誇張しましたが、勧誘など全くされません。ご安心を)

1Fはおもちゃ屋さん、果物屋さん、ガジェットショップ、テキ屋、衣類・小物のお店が多いですね。お腹いっぱいになった後でも楽しめるのでまずは腹ごしらえです。

なぜなら今回の旅は

「メシ食わせろ」

ツアーだからです。そして初の夜市。どうやらカミさんは何を食べるか決まっているそうですよ。

士林地下ダンジョン

B1Fが食堂なので1Fの客引きをそそくさとかわし魅惑の地下ダンジョンへと降りていきます。この先にフードコートがありそうな雰囲気ゼロです。

そのまま駐車場とかに出そうな感じ。

f:id:xray-stardust:20190224213035j:plain

気を取り直し、魔境・美食区ダンジョン入口です。腕が、いえお腹が鳴りますねー!!

行ったことのある方はわかると思いますが、食べ物屋さんとお客さんが所狭しとひしめき合うあの熱気。全員が「食」のことしか考えていない胃袋フロアになっております。

画像は特にありませんので他の方のサイトを参考にしてください笑

豪大塊

「オニイサン、タベル?オオキイチキン。オイシヨ!」

中年男性に話しかけられて看板を見ると噂の巨大フライドチキンではありませんか。

日本のメディアでも士林ロケで必ず紹介されますね。

改めて見ると本当に人の顔くらいあります。

f:id:xray-stardust:20190224213012j:plain

ひとりでこれを食べると他のお店に行けなくなる恐れアリですね。

「食べる!!」と注文し待つこと5分くらい。

はい。アホみたいにデカイのに70元(約245円)です。

食べやすく切ってくれました。うちのカミさんはまずこれを食べたかったみたい。

f:id:xray-stardust:20190225203519j:plain

フライドチキンには違いありませんが、スパイスが独特です。

日本では食べられない味ですね。ジャンク感ものすごい。しかしうまい。

台湾ビールと相性抜群です。

台湾ビール 50元(約175円)

台湾のビッグチキン 70元(約245円)

美人な看板娘に別れを告げ次のお店へ

地下ダンジョンのラスボス臭豆腐

次は私の要望でどうしても食べたい台湾の味。

これを食べなきゃ台湾に来た意味がない!と言い切れるほどの大好物。

臭豆腐

あちこちでこの臭豆腐のニオイが立ち込めてます。

私たちは早くも地下ダンジョンのラスボスにエンカウントしたようです。

臭いニオイで有名ですが、どんなにおいか。

わかりやすくいうと“むれた足の臭い”のする揚げ豆腐です。

皆さんも嗅いだことのある、あのすっぱい臭いです。そりゃ苦手な人が多いのもわかりますが、喰わず嫌いでいいんですか。ラスボスをさっさとやっつけにいきましょう。

f:id:xray-stardust:20190225205646j:plain

私はこれを食べに台湾に来ているのかもしれない程の好物なんですが、臭豆腐初体験の妻は食べられるのか。

「うん、くさいけど美味しい。これはアリだな」

意外とやるわね、この子!!

お酒の好きな男性は“くさや”に代表されるようにニオイの強いものもアテで好むと思います。一方、女性はどうでしょうか。

臭豆腐イケるクチの女性は2パターンあると推測します。

私が分析するに

仮説

①自分の足のニオイで慣れている

②かなりのニオイフェチである。

妻の名誉のために②ということにしておきましょう。

「わたしニオイフェチかも」(本人談)

ビールで臭豆腐を流し込みもう一品頼みます。

牡蠣オム

これも有名な料理のひとつですね。

f:id:xray-stardust:20190225205523j:plain

ちっちゃい牡蠣が沢山入ってます。おいしい。

臭豆腐 50元(約175円)

牡蠣オム 60元(約210円)

台湾ビールクラシック 40元(約140円)

ほどほどにお腹がいっぱいになった私たちは一回スーッとしたくなったため地上に出ます。キレイなエビさん、さよなら。

f:id:xray-stardust:20190225205528j:plain

士林夜市1F

1Fに戻ってきました。胸がスーッとするものを探します。

露天にはどこかで見たことのある人たちが並べられています。オールスターズです。日本ではどこのテーマパークでも同時に買えるところはないと思います。

f:id:xray-stardust:20190225211911j:plain

そしてゲームセンターでは悟空が出迎えますが・・・

f:id:xray-stardust:20190225211916j:plain

「悟空さ!目ェ悪くしたのけ!!そんなんで戦えねぇべ!!」

チチの絶叫がこだましそうな、しかし意外とメガネも似合っているイケメン悟空さです。

このメガネはスカウターではなく形状からしてガチメガネなのでしょうか。今ではGODとなった彼らの戦闘に耐えうるメガネって存在するのでしょうかね。

あ!お尻で踏んでも壊れない社製のルーペですか!

え、でも待って。悟空さ、まさか・・・老眼??

 

スイカジュースをいただきます。

f:id:xray-stardust:20190225211929j:plain

その場でスイカのカット片をミキサーにしてくれました。

氷ありなしも聞いてくれました。優しい。

スイカ100%ジュース 50元(約175円)

素朴だけど美味しい。日本でも夏場はこれ流行ると思う。

さらば士林

そして私たちは満足しまして育達高職の学生さんの後をついていき夜市を後にします。

途中のアクセサリー屋さんでカミさんはピアスを買ってました。可愛いデザインがかなりありますね。女性は喜びそう。

それにしてもこのバッグがカッコいい!丈夫そうだし。

f:id:xray-stardust:20190225211940j:plain

今回は士林夜市食べ歩き編でした。 

もう終わり?メシ食わせろというカミさんの割に食が細いね。と思ったあなた、スルドイ!次回に続きますよ。

まだまだ初日は終わりません。

この旅行記いつになったら完結するんだ・・・。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。